どんな皮膚トラブルが起きる?

顔脱毛で心配なのが肌トラブルです。

顔のトラブルは隠しずらい


隠せる場所なら良いですが、顔は隠しきれない場所なので、赤みがでたり腫れたりしたら絶対に嫌ですよね。
脱毛サロンの光脱毛は医療レーザー脱毛とちがい、肌に優しい光ですから、トラブルはほとんど起きません。

痛みもほとんどなく、あったとしてもぱちっとする程度です。光のレベルは調節できますので「熱すぎる」「痛みがある」と感じたらすぐにスタッフに言って、照射レベルを下げてもらいましょう。

万が一トラブルが起きた場合、冷たいタオルでよく冷やして、それでも改善しない場合は皮膚科へ行きましょう。すぐに肌トラブルが治まった場合でも、次回施術のときはスタッフに言って、照射レベルを下げてもらったり、機械を変えてもらうと安心です。

ほくろやアザは避けて照射

ニキビがあっても安心して施術が可能です

「ほくろやニキビ痕、痣があるけど大丈夫?」
心配な方も多いでしょうが、ご安心ください。

脱毛の光は黒い部分に反応するため、濃いホクロは保護シールを貼ってから施術します。ニキビ痕や小さな痣程度なら、脱毛機を当ててもトラブルは起きませんので、そのまま照射するサロンがほとんどです。

必ず剃ってから行こう

脱毛は毛を剃った状態で行います。
毛が長いと脱毛の光が分散してしまい、うまく脱毛できないからです。

毛を剃らないと施術してもらえないこともある


毛が剃りきれてない部分は「施術しません」と言われる場合もありますので、事前にきちんとシェービングしておきましょう。剃り残っている部分を照射しない場合、光は当たらないので肌トラブルが起きる心配はありませんが、その部分だけ毛が残ってしまうので「脱毛完了したのに毛が残ってる」という問題が発生することもあります。

サロンで剃ってもらうとシェービング代金を取られることもありますので、事前のシェービングは念入りにしておきましょう。

トップへ