顔の毛はなかなか減らない

顔の毛は、足やワキに比べて多いという特徴があります。

なかなか脱毛が完了しないのが顔です。

顔の毛は産毛ばかりなので「多い」という印象は抱きにくいのですが、毛は心臓に近ければ近いほど多く、足より腕、腕より顔のほうが多いのです。毛が多いことから顔脱毛は他の部位に比べて回数がかかります。
また、脱毛の光は生えている毛(成長期の毛)しか反応しないことから、毎日のように脱毛しても脱毛効果は得られません。

皮膚の奥に眠っている毛や抜けかけている毛には効果がなく、これらの毛はすぐ生えてくるわけではないので、頻繁に通ったからといって脱毛は進まないのです。

光を当てて効果のある毛は全体の3分の1程度で、生えかわる周期に合わせて光を当てる必要があります。だいたい2〜3カ月に1度通い、18回くらい光を当てるとつるつるになります。

期間にして2年半〜3年くらい通うと良い結果が得られるでしょう。

産毛には反応しにくい

脱毛の光は黒いものに反応するという特徴があります。
このため毛が太い脇やデリケートゾーンは光の浸透がよく、効果が早く現れます。

産毛は光脱毛だと効果が薄い

逆に顔や太もも、二の腕といった毛が薄い部分は光が反応しづらく、効果が分かりにくい部分です。まったく効果がないわけではありませんが、足やワキに比べて減りは遅く「本当に効果があるの?」「減ってる?変わらないんじゃない?」と不安になる方もいます。
回数を重ねることでだんだん毛が減って、濃い毛は薄くなり、黒ずみもなくなっていきますので根気よく続けましょう。

変化を感じるために、脱毛前に毛が生えている状態を写真に撮っておくと良いですよ。毎日見ていると気付きにくいですが、以前の写真と比べれば確実に減っているので、効果を実感することができます。

トップへ